So-net無料ブログ作成
検索選択

月末通しと月間MVP [活動記録]

5月30日(火)
2017-05-30 00003.JPG
月末の「通し稽古」の日。
今回は前回よりも衣装や小道具が集まり始め、
音も少しだけ出して、メイクも試して、
台本も第1幕は持たないことにして、
少しでも進めようということで動きました。
通しに照準を合わせて全ての班が動く。役者も準備する。
2017-05-30 00004.JPG
通しは「練習試合」。負ける日もある。

負けるなら、大いに負けるほうがいい。
30対7で負けるより、100対0で負けるほうがいい。
中途半端に負けて「こんなもんかな」と思うくらいなら
恥ずかしいくらいに負けて、心から「恥ずかしい!」「悔しい!」と思うほうがいい。
その悔しさが、原動力になるから。
悔しければ悔しいほどいい。


5月は
スタッフワークや部分稽古を通して、一人一人が
「自分が何をすべきか」「自分の頑張りがどう公演に繋がっていくか」
を考えました。
2017-06-01 21.48.41.jpg
演劇はチームスポーツと同じです。
野球でも良い。サッカーでも良い。バスケでもバレーボールでもいい。
一人でもサボっている選手がいたら、そこから負けていきます。
一人一人が自分の役割を果たせば、隙のない強いチームが出来上がります。
劇団は一つのチームです。

一つ一つの役割に意味があり、価値があります。
長い稽古期間。折に触れて見つめ直すことが大切です。

「自分に何ができるか」「何がしたいか」「何を求められているか」
役者として、常に考えることが大切です。
自分が公演に何をプラスすることができるか。
自分が皆に何をもたらすことができるか。
どうしたら良いシーンになるか。良い作品になるか。良い公演になるか。
チームはどこを目指そうとしていますか?

考える、感じる、それは役者にとってすごく大事なスキルです。
ダメな役者は、ただ与えられるモノを待つか、自らは何もせずに要求します。
並みの役者は、自分の固定観念から発想し、自分のしたい事だけに忠実です。
良い役者は、台本をよく読んで、作品の求める姿について自らのビジョンを持ちます。
優れた役者は、演出家の求めるモノを読み取って、ビジョンを組み立てます。

常に考えること。
常に感じること。


そしてまた、自分以外。
チームメイトがしてくれていることについても、考えてみる。
一つ一つ、誰が何をしてくれているか。(知らないこともあると思いますが)

それ対して感謝の気持ちを持つこと。



【5月の月間MVP!】(複数)

 《づめちゃん》
 《おぎゃん》
 《くみてん》

次点 = Next Valuable Player
=《たなはる》


2017-05-30 00002.JPG
《づめちゃん》
演技の成長度が素晴らしいです。
感情を込めた、本気の演技。見ごたえがありますね。
演技のとても大事な技術を学びとって、自分の演技でしっかりと使っている。
多くの人が「知らない」or「解っていても出来ない」演技を素早く学びとったのは、
真摯に学ぶ姿勢があるからでしょう。
また、自主練の呼びかけや、美術班でも図面を引いたり、まとめたり、
様々な場面でリーダシップを取ってくれることは、皆にとって大きな助けになっています。
主役に相応しい活躍です。


2017-05-30 00007.JPG
《おぎゃん》
誰よりも早く台本を離し、通しでも素晴らしい演技をしてくれました。
美術班でも積極的に呼びかけ、自主練にもどんどん参加して、不言実行。
演技も作業も、確実に前進していますね。
忙しい中でも自分に言い訳せず、しっかりとやるべきことをやろうという姿勢が素晴らしいです。
また、様々な場面で皆を盛り上げよう、繋げようとしてくれることも
劇団にとって公演にとって、とても大きな助けです。


2017-05-30 00008.JPG
《くみてん》
美術班でとても積極的に声かけし、作業を進めようと頑張ってくれています。
自主練も何度もしていて、「上達しよう」「良い作品にしよう」という情熱に溢れています。
様々な場面で皆のことを引っ張っていて、リーダーシップを取る姿勢もとても素晴らしいです。
また、演技の上達がとても良いですね。
自然に自分らしく台詞を言えていることが一番優れている点です。
台本の中身、台詞の中身への理解を段々と深めていて、演技にもそれが現れています。
二ヶ月連続でのMVP受賞。素晴らしいです。


2017-05-30 00001.JPG
《たなはる》
自主練の声かけをしたり、一人でも自主練をする姿勢が素晴らしいです。
美術班でも積極的に発言し、作業に参加しています。
小道具のリストを作り、皆に声かけをし、通しのために集めたり準備をしてくれました。
演技も色々と試そうとしていて、段々変化してきています。
第3幕についても自分で準備をしていて、良いシーンにしようという意志が見られます。
稽古や作品に対する真面目な姿勢があり、練習量が増えればそれだけ上達していくと思います。


よんすて actor・staff 一覧 [actor・staff]

名称未設定-1.jpg

〔代表〕
 岡野陽平

〔actor〕
 オカピー
 ホリベエ
 古さん (ふるさん)
 まっそ
 くみてん
 おぎゃん
 みきち
 たなはる
 づめちゃん
 わか
 のりちゃん
 コサック

〔staff〕
 関さん (せきさん)
 ちゃんこ


※メンバー募集!↓↓↓
http://charmunda2.wix.com/4d-stage#!how-to-participate/c222k

普通の人。 [活動記録]

2017-05-2100004.JPG
自主練も増えてきました。

5月25日(木)
『師死尊存』PV

https://youtu.be/cDdOW7PoaeY

自分たちをスターやアイドルと勘違いすることはないし、
普通の人。技術は磨いているけれど、特別だとは思いません。
ただこの一瞬にエネルギーを注ぎ込もうと一生懸命になっているだけです。
スポットライトを浴びて気持ち良いと自己満足するためにだけやってるわけではなりません。
時間を作って足を運んでお金をかけて観に来てくれたあなたに、それだけの価値があったと感じて欲しい。そういう思いで稽古を重ね、作品を磨いています。

その作品も、普通の生活や人生の中で考えたり喋ったりするような言葉で紡ぎ出しています。
全くの空想やファンタジーではなく、日常と繋がっている世界でありたい。
『死者が動く』という設定であっても、それは私たちの生活の延長線上にあります。


2017-05-25 00004.JPG

2017-05-25 00006.JPG

2017-05-25 00007.JPG

2017-05-25 20.26.35.jpg

2017-05-25 20.39.15.jpg

5/21 日曜稽古 [活動記録]

5月21日(日)
時刻はうろおぼえです^^;

9:35〜アップ
9:40頃〜
◎しんじゃったの歌 練習 元気に^^
2017-05-21 09.50.49.jpg
9:55頃〜
◎ゾンビ狩りの歌 練習 楽しくお祭り^^ 手拍子&楽器登場
2017-05-21 10.22.35.jpg
2017-05-21 10.25.32.jpg
10:15〜
◎第3幕をザッと流してやってみた。
2017-05-2000002.JPG
10:45〜
◎部分稽古=第3幕の中から。
2017-05-21 11.51.35.jpg
11:40〜
◎お昼=餃子、お好み焼き など
 おぎゃんより会話のお題
  ◎自分が幸せを感じる時
  ◎もし今「死んだのに明日がある」なら。
  ◎自分の役のテーマ。
13:50〜
◎ムーブメント=事の始まり
   セリフ分配と舞台配置
   島の高さを体感
14:55〜帰りの会
15:10終了
2017-05-2000004.JPG
(その後)
美術班=くみてん、おぎゃん、づめ
 ◎前パネルの高さ確認、演じてみて、前から見て。
 ◎買い出し=車でコーナンへ
 ◎軽トラを借りて資材をCasaGatosへ
 ◎おぎゃんはUターンで軽トラを返却へ。
終了は18:30〜19:00頃。

撮影会 [活動記録]

5月15日(月)
主に部分稽古。新スケジュールがよく機能しています。
2017-05-15 21.13.22.jpg
よんすての強みとは。
「感情が自分の中から生まれてくるようにする。それを言葉にすればいい」
そんな感じです。
頭で解ってても、それを実際にするってことは、本当に難しいこと、ですよ(°д°)


16日(火)
スタッフワーク、部分稽古、全体稽古。
部分稽古はいつも以上に熱のこもったモノに。
R0006509.JPG
全体稽古は、今日は「写真撮影」でした!
カメラマン《ちゃんこ》が沢山の写真を撮ってくれました。
20170516_367.jpg
20170516_2386.jpg
20170516_2447.jpg
色々な構図で、全員で面白い絵を作ったり、一人一人を撮ったり。
いつもとは違った稽古場でした(^^)


時間割と成長速度 [活動記録]

5月10日(水)
新しい月に、新しい試み。
スタッフワークと部分稽古。
2017-05-10 00004.JPG
2017-05-10 21.08.53.jpg
2時間の稽古を新しい時間割でこなしてみて、
とても良かったと感じています。
始めてだったので時間割よりややオーバーして進行したけれど、
慣れていける。
2017-05-10 21.19.00.jpg
一つ一つは短い時間。
でもそれを濃い時間になるように、
一人一人が考えて、準備したりチャレンジすることが何より大切(´▽`)
2017-05-10 00001.JPG



5月11日(木)
自主練。
若者の成長の速さに驚きます。
2017-05-11 21.27.41.jpg
よんすてで大切にしている演技の肝(きも)。
数名がそれを明確に意識して実践し、
皆がそれを目指している、イイ演技が賞賛される、
という環境が出来てきたのだと思います。
その中にあって、感じ取ることが容易になって来たのでしょう。

『キル』のときには6、7名が目覚ましい成長を見せました。
それまでと全く違う、感情のこもった演技をするようになりました。
新人公演は新人8人中2、3名の子がその感覚を掴みました。
その2、3人は皆【人生初舞台】で、真綿のような吸収力があったのだと思います。

よんすても、さらに「教える」ことに磨きをかけ、
「学ぶ」ことが楽しい環境を作っていけるように
よんすて自身にもっともっと勉強と成長が必要だと考えています。

常に成長し続けるということは、失敗し続けるということでもあります。
怠慢でした失敗は責められるべきですが、
努力してチャレンジした失敗は共有できる。

ここで言う『チャレンジ』とは、
ギャンブルのような一時のモノではなく、情熱を注ぎ込むことですが、

自らに課題を課してチャレンジし続けた人は、あるとき気づくのではないでしょうか。
チャレンジした人だけが、チャレンジする他の人を、本当の意味で、認め、賞賛することが出来るのだ、と。

演劇の《練習試合》&月間MVP! [活動記録]

4月27日(木)
2017-04-2700003.JPG
動き始めて約1ヶ月。いきなりの通し稽古です。
よんすては毎月必ず通しをすることにしています。
進んでいても進んでいなくても。良くても悪くても。
2017-04-2700020.JPG
「通し稽古」は野球やsoccerの「練習試合」みたいなものですね^^
「結果」が出る。「成績」が出る。
演劇はsportsと違って結果や成績が出ない、分かりづらいモノだから、
「練習試合」があるのはとても良いです(^^)
2017-04-2700047.jpg
今回はoriginal作品で、場面転換や人の出入りが多い舞台なので、
4月は大まかに流れを把握することに注力しました。
sceneを実際に形にして体験することで、「これはこういう作品になるよ」という共通のimageを持つことができたと思います。
5月からは役作りや各シーンのqualityを追求していきます。
2017-04-2700018.JPG


【4月の月間MVP!】(複数)
 《くみてん》 《のりちゃん》

2017-04-2700010.JPG
《くみてん》
スケジュールの仕事がとても素晴らしいです。
キルのとき以降、くみてんのお陰で「稽古日の決定」や「出欠席の確認」がとてもスムーズになりました。
私達が気持ち良く稽古できるそのスタートがスケジューラーにあります。
また、美術班でも率先して発言し、美術への意気込みが溢れています。
演技も上達が見られ、期待感があります。代役を率先してこなすことも上達への近道になるでしょう。

2017-04-2400001.JPG
《のりちゃん》
誰よりもチャレンジ精神に溢れ、積極的に楽しもうというという姿勢が素晴らしいです。
ダンスへの取り組みも Very Good!
衣装班でも主体的に考え、行動してくれています。


二つは同じ「不実行」。 [活動記録]

4月24日(月)
2017-04-2400003.JPG
今日はまず裏方の仕事を。
《美術班》は小道具リスト作成について
《制作班》はパンフレット作成について
《衣装班》は衣装リスト作成
《照明班》は7月、仕込み図が出来るまで解散(笑) 他班の手伝いへ


劇団によって「裏方」の在り方は違うと思いますが、
四次元STAGEは、役者自身が裏方の仕事もします。

私は表も裏もどちらも沢山経験してきたので、それぞれに思いがあります。

もし役者ならば、
自分の立つ舞台で、少なくとも自分が関わるものにはきちんと責任を持ちたい。
衣装や小道具について自分で把握し、自分で用意し、自分で管理するのは当たり前。
音も明かりも自分のシーンのものは理解しておくのが当然。
そういう意識がないのに良い演技ができる訳がない。
私は見苦しい演技をしたくないので、そう心がけたい。
そして、お客さんを呼び、もてなす《制作》的な活動もしっかりする必要がある。
お客さんあっての舞台であり、役者なのだから。

もし裏方ならば、
役者の最高の演技を引き出せるよう、演出家の最高の発想を引き出せるよう、よく考えて備えておきたい。
有言実行でも不言実行でも、どちらでもいいから「実行すること」。それが一。
こつこつとやるべきことを進めて、
役者や演出家に「アイツに任せておけば大丈夫」と思われる、安心と信頼を与えられるスタッフになれるよう、心がけたい。

どちらであっても、私はかなり早い段階から動きます。
本番の1ヶ月前に仕上げるよう計画しています。そこからさらに伸ばせるように。

まずは「心がける」。「決意する」。

そう。
心がけていたけど出来なかったことと、
意識せず怠慢に終わったことと、
もし同じ「不実行」であったとしても、二つは全く違うのだから。
2017-04-2400006.JPG

心を探す旅 [活動記録]

4月13日(木)
2017-04-1300001.JPG
あるムーブメントの全体像と
冒頭から流して
シリアスなシーンをいくつか。
2017-04-1300003.JPG
みな演技にとても勢いがある。
迫力が出せる。大きな声が出ている。
稽古序盤としてはとても良いことです。

さて、その先へ進まなくてはいけない。



4月20日(木)
ムーブメントのアイデア創出と、各シーンの稽古。

今回新加入のメンバーもいます。2名。
演劇経験者に対して最初に言うのは「声を作らないこと」
初心者のほうがこれが無いので、実は一歩先に居る。
経験者はここから抜け出ることが出来なくていつまでも上達できない人がいます。

実際これは「日本の演劇」の問題点でもあります。
役者も観客も多くの日本人が「声を作ること」が「正しい」と思い込んでしまっている。
何かしないと何も出来てない気がするんでしょうね。

でもお客さんは無意識にも本当は分かっていて、
表面の演技や過剰な演技ではなく
役と役者がちゃんとリンクした、心のこもった演技が好きです。
心のこもった演技にだけ、感動してくれます。


よんすての演技の目指すところは変わらない。
リアルであること。本気であること。
役を自分と同じ人間として生み出すこと。
感情もある。これまでの人生もあるし未来への期待もある。迷いもあるし、思い込みもある。
だから正解はないけれど、「確かにそこに生きている」ってことが大事。

テンプレートやセオリー、お決まりのパターンで表現するのは絶対にダメ。
そんなのはチープになってしまう。
自分ならどうするか。自分にしか出来ない表現ってなんだろうか。
追求していかなければ役は生まれ出てこない。

だから、よんすてでは役者一人一人がしっかりと考えることを大切にしています。
演出家から一から十まで指示をもらって満足している役者は要りません。

どうしたらその一台詞が言えるか。
自分なら、言えない。
自分とその台詞との差・違いを見つめていくことで
どういう状況、どういう心の流れでその一台詞が生まれたかを
見つけ出すことが出来るでしょう。
これから4ヶ月かけて、心を探す旅をするわけです。



オモシロ舞台図&衣装 [活動記録]

4月10日(月)
今日は【舞台図】がだいたい決まったので
そのイメージの中で実際に動いてみました。
2017-04-1000001.JPG
島あり、バスあり、前パネルあり。
「今までに見たことがない」が一つの目標です。
2017-04-1000004.JPG
舞台は役者の動きを大きく制限するけれど、
演技の拠り所にもなる。
色々な動きや〈出はけ〉のイメージが掴めてきたようです。
2017-04-1000007.JPG
部分稽古もしつつ、段々作品の骨組みが出来てきました(^^)b
2017-04-10aa.png
イメージは大事だけど、やってみることはもっと大事。
演技は「イメージ」と「表現」の二つの要素で出来ている。
良いイメージが無いと良い演技は生まれない。
良いイメージが有っても表現する技術が無いと拙く、おぼつかない。
声に出して色々と試してみること。それはどちらの要素にも働く素晴らしい方法です(^^)


そして
12日(水)
2017-04-1200004.jpg
第一回目の〈衣装会議〉
衣装班《ちゃんこ》《のりちゃん》と演出が集まって
色々アイデアを出し合いました。

大きな方向性が決まって、
あまり沢山作らなくて済みそうです( ̄▽ ̄;)bこれ大事w

再会の『ヤーバ』 [活動記録]

4月上旬
2017-04-08.jpg
大阪市立大学の演劇サークル『劇団カオス』さんに
四次元STAGEオリジナルの作品
『ヤーバに祈れば』
を上演していただきました^^

よんすてで上演したのは2011年9月。第3回公演。
もう5年半も前。たった5年半前。

〈よんすて上演直後のブログ記事〉
http://4st.blog.so-net.ne.jp/2011-09-08
http://4st.blog.so-net.ne.jp/2011-09-14

〈脚本〉
https://haritora.net/member/look.cgi?script=10814&full=index


自分が書いた作品が他の人によって上演されるのを《観る》のは初めて。
自分の言葉が、全く知らない人たちの口から発せられる、というのはとても不思議な感覚でした(°д°)

ちゃんと台詞一つ一つ、意味やニュアンスを理解してくれているのが感じられて、
時に「こう読んだのか」と解釈の違いを面白く感じながら。

演出さんの加筆部分があり、それが実に素晴らしかった^^
台本をよく読んで、登場人物一人一人を捉えて、
私の文章の雰囲気なども加味していただき(笑)
とても自然な流れで組み込まれていて。

初江さんが先に「祈ってしまった」ので、最後どうするのかな、と思って観ていたら、
エンディングでさりげなく鼻歌を歌って終わったのも本当に素敵でした。
また、正嗣が暗転中に「ただいま」と言うのも^^

役者さん5人も、とてもテンポがよく、会話も自然体で、私達の演じ方に似ている部分があったのも嬉しかったです^^
「自然体で、自分がそこに生きているように喋る」それはとても難しいことだから。

ここに書ききれませんが、
役者さんも裏方さんも、公演全体としてとても良くて驚きました^^
作者であることを差し引いて一観客だったとしても、きっと満足な公演だったことでしょう^^

作品を選んでくれたこと、
素敵な作品に仕上げてくれたこと、
Muchos Graciasヽ(´▽`)ノ

演劇らしく体を使って。 [活動記録]

3月30日(木)
今日はまず台本配布。
まだまだ書きかけの台本ですが( ̄▽ ̄)φ
オリジナルの時は、何割か遊びを残しておいて、
稽古しながら生まれる面白いモノを生かしたい。

稽古はまず『事の始まり』ムーブメント٩( 'ω' )و♪
これは形が大体決まっているので、まずはなぞる。
最初はみな「どうすんの?」「どうやるの?」というところから、
3、4回やると明確な形になって勢いも出て来ます。

2017-03-3000013.JPG
そして今日はムーブメントの実験をいくつか。
ベースになる動きや群衆を。動画を撮っては見て確認。
見学者の方々にも一緒に参加してもらって、
なかなか見ごたえのある形になっていて皆も楽しそうですヽ(´▽`)ノ
2017-03-3000014.JPG
皆とても良いエネルギーΣ(°д°)b
2017-03-3000017.JPG

そしてシーンの稽古。
台本前半のうち、人数の出ているシーンのみザッとあたっていきます。
とにかくやってみて模索 ( ゚д゚)ノ(°д°)人(°д゚ )
今は何となくでよいのでシーンのイメージを共有することを大切にしています。
「ここは大勢出ているシーンだな」「ここは勢いのあるシーンだな」とか。
2017-03-3000019.JPG
2017-03-3000023.JPG
静と動。生と死。

良い舞台になる。そんな確信の持てる稽古でした( ̄▽ ̄)b