So-net無料ブログ作成
検索選択

ワークショップと台本講座 [all past memories]

3月中旬
色々な舞台を観て、私達の立ち位置を改めて考えます。
私達の持っている演劇の知識と技術。設備。
それらは決して小さくない。

一つには「日本演劇界の新劇からの脱却」
と言ってもいいかもしれません。大それたことかもしれないけれど。
ただ、それらは今、曖昧であり、認知されるには程遠い。

では、どうするか。
演技の技術をどう伝えていくか。
その手法を確立し、確かな教育の場を設ける必要がある。
そう考え、稽古で毎回30分のワークを試みることにしました。
第1回は『場所・空間のイマジネーション』と題して。

また、新たに劇作家《岡野陽平》による「台本講座」も開催しました。
全1回で。(25日にもう1度やります。同じ内容)
20150314a.JPG
台本を書き上げる作業を【着想】【あらすじ】【台詞】の3段階に分け、
面白い作品を書くための工夫を、実践的に教えていこうという試みです。
『ロミオとジュリエット』『かもめ』『シラノ・ド・ベルジュラック』など
古典の話も交えつつ。『ターミネーター2』『インディー・ジョーンズ』などの話題もしつつ。
【着想】や【あらすじ】を考え書いてもらいながらの講座でした。
時間に限りがあって【台詞】までは見ることが出来ませんでしたが、
「初めて書く」という人達がほとんどの中、面白い作品が生まれる予感を感じつつ、講義終わりとなりました。

そのうちに「中級コース」と題して、台詞の添削から第一稿を書き上げるまでを見たいと思います。


今、私達は「劇団」としての活動の再構築にいます。
ただ公演をするだけではなく、曖昧な演劇の世界に「確かなモノ」を作り出そうと。
その試みの先を見据えて。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感