So-net無料ブログ作成
検索選択

『死の壷』 [読み物・作品]

■くじ引きで選ばれた10のキーワードを(必ず)使って、ストーリーを作る。
 誕生、あの人、光、嘘、カーブ、
 黒電話、ビー玉、鎖骨、爪先、バナナ。
■場所の条件は「囚われた場所」
 物理的にでも、精神的にでも。
 ずっとでも、最初からでも、途中からでも。

以上の条件で、15〜30分の芝居を作る。
という状況で。
二つ企画を出して、残念ながら【落選】したのがこれです。

  2012.08 作:岡野陽平
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
20120824a.jpg
『死の壷』

【あらすじ】
牢獄に品の良い婦人と少年が連れて来られる。
婦人「こんな暗い所に」
看守「別荘でも与えてもらえると思ったかい? そら、早く入れ」
牢獄の入口は、ひと一人がはいつくばって通るような『穴』だ。

ここは『死の壷』。忘れられた牢獄。
暗く、狭く、汚い。光はわずかしか差さない。

牢獄には先客の『囚人』が居た。汚く汚れ、もうずいぶんと長く入っているらしい。
囚人「新入りかい?・・・おっとコレは王妃様じゃございませんか」
二人は王妃とその息子(王子)なのだ。
死刑は免れたが、終身刑でもない。『死の壷』に押し込められて、ただ忘れられていくだけ。

二人はなぜ捕らえられたのか。
国王の弟『公爵』がクーデターを起こし、国王は殺された。
二人は親族という慈悲で死刑は逃れたが、『死の壷』に送られ、
王国中には死んだという嘘が流されている。
王子「母様、どうしましょう」
王妃「ここまで来てしまったら、もうどうもできない。ここで死を待つだけ」
王子「あとは姉様が頼り」
二人にとって最後の希望は、二人とは別に逃げている王女(姫)だ。


ここでは食事の時だけが唯一外界とつながる一瞬。
と言っても、看守が食事を入れるだけ。

看守は囚人の鎖骨を集めるのが趣味で、鎖骨を並べて楽器にしている。悪趣味なヤツだ。
備え付けの黒電話でときどき外と会話している(囚人たちは盗み聞きする)が、
食事を運ぶ時くらいしか来ない。
(食事は汚いからと足で入れるだけ。入口の『穴』から、お盆をつま先で押し入れる)

ある日、姫の「付き人」が『死の壷』に連れてこられた。つまり姫も捕まったのだ。
二人の希望は絶たれる。

先客の『囚人』はビー玉で遊んでいる。
外の様子を質問してくるが、偉そうで、態度はきわめて悪い。やる気もない。
しかし、彼は実は10年前にクーデターを起こして失敗した『国王の伯父』だった。

10年前、国王の父(先王)が亡くなったときに起こった兄弟の跡継ぎ争い。
結局兄が継いで国王となり、弟は『公爵』に甘んじた。
そのときの国の混乱に、『国王の伯父』もチャンスと動いたが、捕まったのだ。

その10年前の跡継ぎ争いが尾を引いての、今回の『公爵』のクーデター。
国王は殺された。
囚人「嘘っぱちでも、『正義』の旗の下に国を作らなくちゃ、国の寿命は長くないぜ」
王子「お前が言うな!」

看守が食事を運んでくる。
看守「今日は新たな国王の就任式と、同時にその新国王と姫(姉)とが結婚する。
王宮では盛大な祝賀会だ。お前らにも後でデザートがあるぜ」
姫は無理やり結婚させられるのだ。新国王の正統性のために。
王子「なんてことだ!」

囚人「今、国は揺れている。チャンスだ」
王子「チャンスなもんか!ここから出ることも出来ないくせに!」
囚人「いいや、その気になればいつでも出れる。問題は『いつ出るか』だった」

看守がデザート(もちろんバナナ)を持ってくる。
いつものように足で押し入れる。
その瞬間だ! 『囚人』は看守の足を掴んで、一瞬で足首の骨を折る。
次の瞬間には入口の穴を抜け出して、看守にとどめを刺す。

すぐに『囚人』は黒電話でどこかへ電話をする。昔の仲間・家臣に集合をかけたのだ。
囚人「あんたらも、早く出るんだ」
祝賀会の隙を突き、国の混乱に乗じ、暴れるのだ。
新国王誕生で終わるはずだった跡継ぎ争い。しかし、そう上手くはいかない。
まだまだ何か起こりそうだ・・・。 予感と共に幕が下りる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感