So-net無料ブログ作成

舞台美術『師死尊存』 [活動記録]

ご来場ありがとうございました!(^^)
S__8421400.jpg

↓上手(かみて=写真右側)と下手(しもて=左側)にそれぞれ横長の黒い壁があります。
これが「袖パネル」。ピッコロシアター備え付けのものですが、通常は縦長にしか使えない仕様になっています。
20170818_2968.jpg
↑真ん中・手前の、腰の高さまである斜めの黒い壁が「前パネル」です。
役者がここに沈んで隠れていきます。しゃがんだり、転がったり、飛び出したり。

↓バスを真正面から見た図。「開き脚」あるいは「馬脚」という三角形の支えで高さを出しています。
バスは約62cm。
↓背景は大きな黒い幕と、緑系の布を垂らしています。少し「山」をイメージして。
2017-08-17 16.21.49.jpg
↑前パネルの横隅に黒布を垂らして、横からの見切れを防いでいます。


2017-08-17 00047.JPG
↑下手側にある「島」は
「平台
 箱馬
 平台
 箱馬
 平台
 箱馬」
と重ねて90cmもの高さがあります。
その上に人が立つと、かなりの高低差が生まれます。


これらの舞台美術を設計し、組み上げたのは全て美術班です。
2017-06-01 21.48.41.jpg
本当に素晴らしい働きでした( ̄^ ̄)ゞ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。